チャットレディの在宅と通勤の違い、メリット・デメリットは何ですか?

チャットレディには、在宅と通勤の2種類の働き方があります。
在宅は自宅にいながら、自宅のパソコンカメラを使用して働く方法で、通勤はチャットレディの事務所やオフィスへ行って仕事をする方法です。

自宅にパソコンカメラがない場合でも、チャットレディの会社がカメラ代を負担してくれる為、どちらも初期費用0円で始めることができます。
仕事内容は在宅でも通勤でも同じ内容です。

しかし在宅、通勤どちらにもメリットデメリットがありますので、ご紹介したいと思います。

在宅と通勤チャットレディのメリットデメリット

在宅チャットレディのメリット
・自宅にいながら、空いた時間に仕事をすることができる。
チャットレディは24時間仕事をすることができますので、小さいお子様がいても自宅で仕事ができると主婦の方に在宅が多い傾向があります。

・時間効率が良い
通勤となると交通費もかかりますし、通勤時間もかかります。
そういった無駄を省くことができます。

在宅チャットレディのデメリット
・自己管理が大変
在宅で仕事をするとなると、自己管理が大変です。
やはり自宅ということで、監視してくれる人もいなく、サボりがちになってしまいます。
在宅だと、自己管理のできる人でないと、続けるのは難しいです。

・設備
チャットレディの事務所だと、顔が良く映るようにライトがあったりしますが、在宅だとそういった設備を自分でそろえる必要があります。
ライトがなくてもお仕事をすることはできますが、やはりあった方が稼ぐことができるのも事実です。

・アドバイスを軽視してしまいがち
チャットレディの会社は、どうしたら稼げるのかや、稼げるコツや方法を教えてくれたりします。

在宅だとメールでそういった情報が流れてくるのですが、在宅だとそういったメールをきちんと読まなかったりして、せっかくのアドバイスも水の泡となってしまうケースもあります。

通勤チャットレディのメリット

・生活にメリハリが生まれる
在宅だとやはり誘惑が多いことや、家にいるので、仕事をしているという認識があまりなく、すぐにやめてしまう人が多かったりします。

しかし通勤だと事務所へ出勤し、誰かがいるので、きちんとやらなければ。
仕事をしている。
という認識が生まれ、メリハリをつけて働くことができます。

・時給保証がある場合も
チャットレディは、会話をしている時間にのみ給料が出される場合がほとんどです。
なので会話をしていない時間は、無駄な時間となってしまいます。
しかし通勤だと、話せていない時間分も時給を出してくれる企業もあります。

・設備
事務所のカメラは高機能だし、顔が綺麗に見えるようにライトやマイクなど設備が整っています。
長年チャットレディを続けている企業ばかりなので、やはり顔が良く映るように考えられた設備が整っています。

通勤チャットレディのデメリット

・拘束される
通勤となると、事務所に出勤しなければなりません。
なので、そこへ行くまでの交通費・時間がかかります。
在宅でやっていれば、通勤時間で稼ぐことができることも考えられます。

・1ヶ所に縛られる
チャットレディは様々な企業が運営していて、在宅の場合は何ヶ所かに登録をして仕事をする人が多いです。
やはり1ヶ所にずっと留まっていると、飽きられたりして、なかなか会話をしてくれる人が減ってきてしまいます。

出勤となると1ヶ所の企業に勤めることになるので、飽きられた場合、稼ぐのが難しくなる場合もあります。

在宅・通勤どちらにもメリットデメリットがあります。
在宅の人は子供がいる主婦や、何らかの理由で外で働くのが困難な人が在宅を選択しています。
一方の通勤は、実家に住んでいる為、仕事がしずらい環境の人や、通勤保証目当てで通勤を選択する人が多いようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする