チャットレディでトラブルが起こったことがある?

チャットレディを始める前は、なんとなくチャットレディとは怪しいイメージがありました。
ちゃんとお金が払われなかったらどうしよう?とか、家に変な請求書が届いたらどうしよう?とか、退会したいのにできなかったらどうしよう?とか、逆にこちらにお金が請求されたりしたらどうしよう・・・・とか。

まず結論から申しますと、私自身、そのようなことは一切ありませんでした。
よく考えれば、もしそのような不当なサイトであったら必ず何らか訴える人が出てきて、悪評も広がり、そもそもあんなに多数のチャットレディが存在していないと思います。
確かに仕事の大半の内容は、会わないだけであってキャバクラや風俗と似たようなものであるかもしれません。
しかし、わずかではあるかもしれませんが、ノンアダルトで稼いでいるチャットレディも存在します。

一番気になるお金は大丈夫?

まず、お金に関してですが、一定の金額が溜まると換金申請をすることができ、指定の口座に2、3日後には振り込まれていました。
もちろん手数料は若干かかりますし、土日や祝日を挟むと振り込みが多少遅れますが、私の経験上では未払いなどは一切なく、しっかり振り込まれていました。

チャットレディのいいところはなんといっても、すぐにお金を引き出せるとこです。
一定の金額に達すると換金できることができるので、早く一定の額になるように頑張ろう!というモチベーションにもなります。
また、サイトによってはチャットレディ専用のサイトページから一日毎に自分の売上ランキングが確認できるので、自分が上位になっていた時は、やはり嬉しかったです。

また、家に郵便物が送られてくることもありませんでしたし、退会したいのにできない、ということもありませんでしたし、お金を請求されたことももちろんありませんでした。

どんなことにリスクが?

一番注意しなくてはならないこと、リスクを背負うことといったら、やはり身バレと画像流失です。
チャットレディという職業上、どうしても稼ぐためには自分の写真や、場合によってはWEBカメラで自分を晒さなくてはなりません。
中には身バレ防止のために、断固顔出しをせず体だけでお仕事をする人、マスクを装着してお仕事をする人、別人のような髪型やメイク、わざとホクロをかくなど工夫をしている人などもいます。

私は最初から顔出しをして仕事をしていたのですが、実際2年ほどチャットレディをしていて身バレしたことは一度あります。
「あれ?以前○○店で働いていた××ちゃんだよね?」というメッセージが届いた時は全身から力が抜けていくほど焦りましたね。

もしそういった場面に遭遇した場合は、私はまずとぼけるしかありませんでした。
変に否定したり、いきなり逃げたりするとかえって本人だと感づかれると思ったからです。
「えぇ??そうなんですか??!でも私○○県に住んでいるし、東京にはまだ行ったことないから違う子だと思うなぁ。そっくりさんっているんだねぇ」等ととぼけて話しをそらし、とにかく別人の振りをしてメッセージを続けました。

それか、いっそ開き直るのも一つの手かもしれません。
「はい!○○店で働いていた××だよ~~☆久しぶりーー!最近ひましてたからサイトに登録したんだぁ!△△さんとまた出会うなんて奇遇だね♪せっかくだからここでメールしようよ!!」
これくらい開き直っていれば、周りに言いふらされたとしても、まぁ女の子もこういうサイトに登録することくらいあるよな・・・と思われる程度で済むかもしれません。

はじめたい人へ…決めておくべきこと

もし、これからチャットレディをはじめようか考えている場合、自分の公開範囲をあらかじめ決めて、ここからここは見せてもいいが、ここからここは絶対に見せない、など、自分でしっかりルールを決めておくといいかもしれません。

やはりチャットレディをやっていると、男性から、○○見せて、××見せて、とか日々際限なくリクエストされることになります。
ですので、稼ぎたいから、断りきれないから、等と、どんどん見せていくと後になって後悔するはめになるかもしれません。

あらかじめ絶対に見せない、と自分強い意志を持つか、仕事なのだから仕方ない、と開きなおるか、どちらにせよ覚悟は必要だと私は思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする