チャットレディで、お客さんのお願いの断り方を教えてください

チャットレディをしていると、「今度飯でも行こうよ。」や「いくら?」と言ったように、ネット以外の場所で会うことを求められることが頻繁にあります。
出会い目的でチャットをしている男性会員もいますので、これには注意が必要です。

とくに新人期間のときは、こういったお誘いを数多く受けることになるでしょう。
また出会い目的でなくとも、無理難題を突きつけてくる人もいます。

そんなお客さんからのお願いをうまくかわす方法や、これまでにあった驚きのお願いを紹介します。

お客さんからのお願い

お客さんからのお願いで一番多いのが、会いたいというものと、アダルトなことです。
なかには自分の稼ぎの為に、今度と先延ばしにして、繋げる子もいますが、後々面倒なことになりかねません。

ましてや物騒な世の中ですし、ネットの世界は怖いです。
ネットだからと高をくくっていて、ストーカー被害にあっている子もいます。

私が過去に一番驚いたお客さんからのお願いは、「水着で今度話そう」というものでした。
上半身しか映らないし、まあ普通にビキニだろうなと予想をしていたのでOKしました。
すると水着を指定してきて、URLをメールで送ってきました。
見てみると、ほとんど裸のような際どい水着で、次回までに自腹で買って着てくれと。

さすがにこれはできないと思ったので、できないと伝えると、「約束したのに破った」と掲示板に悪口を書いていて呆れてしまいました。 

断り方のコツ

このように、無理難題や非常識なお願いをしてくる人はいます。
いずれにせよ、はっきりと断ることがいいでしょう。
最初は「えー(照)考えておく!」や「どうしようかなー(照)」といったように曖昧にするのがコツです。

そこで大体の人は、断られたと認識します。
それでも話してくれる人は話してくれます。
それでも押してくる人には、「ごめんなさい。」とはっきり伝えるのが無難です。

ここで引っ張ったとしても、目先の収入には繋がるかもしれませんが、継続的な収入にならなければ、時間の無駄ですし、意味がありません。
チャットレディで稼ぐコツは、リピーター獲得なので、いつか切れてしまう人と繋がっていても無意味ですし、こちらが病んできて仕事を辞めたくなってしまう場合もあります。

そして何より、ネットの世界はリアルよりも粘着質な人が多い印象があります。
直接ではないので、言いたいことも言いやすいですし、リアル社会の憂さ晴らしをしているような人もいます。

こちらの相手の素性や本当のところは知らないですし、何をされるかわかりません。
なので深入りするまえに、無理なお願いをしてくる人は、はっきり断ってしまいましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする