チャットレディに身分証明書は必要ですか?偽造したらばれますか?

サイトに自分のプロフィールを登録し、いざチャットレディのお仕事を始めようとする前には必ずといっていいほど身分証明書の提示が必要になります。
私自身最初のこの手続きが面倒というか、自分の身分証明書を提示することに躊躇いがあり、数分間悶々と悩んだものです。

自分の個人情報を提示することに対しての抵抗感であったり、身分証明書の写メを撮って送るという単純な行為がどこか面倒に感じらたり・・・。

しかし、考えてみれば普通のサイトを利用する際ですら年齢確認のために身分証明書の提示が必要になってきていますよね。
私自身チャットレディのサイトではなく普通の交流サイトのようなものを利用する際も、年齢確認のために身分証明書が必要だったことを覚えています。

チャットレディを始めるにあたって、まず高校生、18歳未満は登録できないことになっています。
もし、高校生、もしくは18歳未満であるにも関わらず働かせていたらそれはサイトの責任になってしまいます。
そういったことを防ぐためにも身分証明書の提示が必要なのでしょう。

サイト側はどんなことを確認したいの?

私自身、普通のバイトで身分証明書を確認する側の仕事をしていたことがあったのですが、確認していた点といえば、年齢が規定以上か、顔写真が本人と同じか、身分証明書に記載されている内容と一致しているか、だけであって他に使用するなどということはもっての他でした。
そもそも身分証明書を使って、悪用する方法もメリットも何もないように感じます。

実際サイト側が確認したいことも、
・年齢が18歳以上であり、高校生ではないか
・女性であるかどうか
・顔写真と本人が同一人物か
・身分証明書の内容と本人が一致しているか(偽造ではないか)
という点でしょう。

主に必要なのは、・名前(フルネーム) ・生年月日 ・顔写真 です。
私が登録したサイトは、もし個人情報が心配である場合、住所や保険者番号、パスポート番号は隠してOKとのことでした。

一見、面倒に見えますが、意外と…!?

私自身住所やパスポート番号などはアプリで加工して隠して写メを送ったのを覚えています。
面倒なように感じましたが、実際にやってみればものの3分ほどで終わりましたね。
身分証明書の写メを送って30分も経たないうちに確認が取れたというメールが届き、本登録が完了しました。

思っていたより簡単に済んだので、悩んでいた時間がもったいなく感じました。
また、通勤型のチャットレディに登録する際も身分証明書の提示が必要でした。
これもサイトを通して登録をするのと同様、本人であることの証明をプロダクションがサイトに送る為だということでした。

身分証明書プラス、身分証明書を持った自分の顔写真を撮影されました。
これも本人でない別の人が登録していないか、という確認でしょう。

やっぱり、どんな仕事もコレは必要!

チャットレディではない仕事をする際も、履歴書を書かない変わりに身分証明書の提示が必要です。
そもそもチャットレディ会社であれどんな会社であれ個人情報を悪用したら犯罪です。
また、チャットレディ会社は風俗営業法で登録をする際には身分証明書を確認しないといけないという法律は定められています。

そういったことを考えると、身分証明書を提示されること=しっかりした会社 といっても過言ではないでしょう。
逆に、こちらが不安だからといって身分証明書を偽造したとします。

これは立派な犯罪なのです。
公文書偽造といい、公的機関が発行している運転免許証や健康保険証などの身分証明書を偽造し働くなどすると罪に罰せられます。
働かないとしても、偽造しただけで罪になってしまうのです。

安易な気持ちで身分証明書を偽造しただけで、犯罪者になってしまうことだけは避けたいですよね。
なので、身分証明書の偽造は絶対に避けましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする