チャットレディで怖い思いをしたことがある?

チャットレディを始めて早速、自分のプロフィールを制作しだした私。
なるべくチャットレディっぽさが出ないように、彼氏と別れて寂しいから登録してみた、ということを自己紹介に記入してみました。

また、住んでいるところも全く別の場所に設定し、血液型も別のものにしました。
年齢も微秒に変え、文書の口調も普段の私らしくないものにしました。

一番頭を悩ませたこと、そしてこんな見極め方も

一番悩んだのはプロフィールの写メ。
やはり、ネット社会の今、どこに流失するかもわからない、万が一知り合いや身内が見ていたらどうしよう、という不安がつきまといます。
しかし、写メを公開したほう男性の目を惹きやすいということには、サイトのマニュアルにも書いてあります。

考えた末、一番別人のように可愛くとれた写真を更に加工し、スタンプなどで顔の一部をかくし、なるべくわからないように工夫をしてみました。
メインの画像の他にも写メが登録できるため、自分の自信のある身体のパーツをさりげなく載せてみたり。
そんな工夫あってか、登録してから数分で男性からメールが!!

サイトを通じてメールが届くため、もちろん自分のアドレスがバレるということはありません。
最初の男性からのメールは、「ねぇ、今どんなパンツ履いているの?」といった、いかにも!!というメールでした。
きた!!と思い、自分なりに考えて返信。

「えぇ//恥ずかしい・・・ 当ててみてください//」いかに会話を続けさせるか中々頭を使います。
だんだん慣れてくると、どうしたら男性が興味をひくのか、次第にわかってくるようになるのですが、いきなり送られてきた画像をひらくと男性の陰部が・・・ということも茶飯事。

最初はやはり驚きましたね。
そういったことが嫌でたまらない人は、チャットレディは辛い仕事かもしれません。
しかし、それも特に苦にならないようであったら、実際に会うことはないので楽な仕事といえるでしょう。

中には、実際に会ってデートをしよう、という内容のメールがきますが、上手く、男性を傷つけずに言い訳をして先延ばしにするテクニックも必要になってきます。
また、通話をしていると、今すぐエッチな会話がしたいのか、ただ世間話がしたいのか、男性の気持ちをうまく汲み取らないと会話はすぐに終わってしまいます。

一番怖かったこと、それは…

意外にもチャットレディの仕事は頭脳戦であることを日々思い知らされました。
そんな中で、私がチャットレディをやっていて一番怖いおもいをしたことは、こんなメールが届いたことです。
「あれ?君って秋葉原の○○店で働いていた××ちゃんだよね?」そう、身バレです。
このメールを受け取ったときは全身から力が抜け、あまりの恐怖に一瞬体が硬直してしまいました。

しまった、と思い、この時ばかりは今すぐチャットレディを辞めたくなりました。
幸いなことに、そのサイトにはブロック機能もあったため、なんとか逃れることはできましたが、バレてしまったことには違いありません。
やはり誰がどこで見ているかわからない、という点では本当にリスクがあり、怖いことだといえるでしょう。

また、自分が他者に送った様々な画像はどこで使用されているかもわかりません。
男性からの様々な欲求に、お金の為、とどんどん自分を抑制させずエスカレートさせてしまうと、あとでとんでもないことになってしまう可能性もある、ということを覚えておかなくてはならないのかもしれません。

男性はこんなことを求めている場合も…

また、サイトで自分を気に入ってくれた男性に私が他のユーザーと通話しているのがバレないため、それを隠す機能も搭載されていました。
つまり男性の中には、単なる性的欲求目的だけでなく、疑似恋愛をすることを求めている人もいます。

朝のおはようから、昼の何を食べた?から、夜のおやすみ まで常に連絡をしていないとなりません。
いいお客さんといったらいいお客さんなのですが、少しでも返信を怠ることができず、かなり疲れます。

一時的な性的欲求に付き合うことも、それはそれで多少なり罪悪感はあるのですが、自分を偽って疑似恋愛をするということも、なかなかの疲労と罪悪感がつきまとうということを学びました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする