チャットレディで緊張しないコツを教えてください。

お仕事とはいえ、顔も知らない男性とお話しをするとなると誰しも多少なりは緊張しますよね。
実際に私自身もとても人見知りであったので、チャットレディのお仕事を始める前は、自分に勤まるだろうか・・・としばらく躊躇したものです。
メールでのやりとりなら、まだ緊張が抑えられます。

しかし、通話やWEBカメラを使ったお仕事の方が断然稼げますし、それを求めてくる男性もとても多いです。
しばらくメールでやりとりをし、その後、一緒に通話をしようと男性からリクエストをいただく、というパターンが多かった気がします。
やはり文字や写真だけでなく、声や映像でのやりとりの方が、男性にとって楽しいのかもしれません。

はじめてみて、意外とわかったことは

初めて在宅型チャットレディを始めたとき、男性からサイトを通して着信がくるのを嬉しく思う反面、どうしようもない緊張ですぐには電話を取れなかったのを覚えています。
いざ、電話に出たのはいいけれど会話が続かなかったらどうしよう?とか、気が合わなかったらどうしよう?など様々な不安がよぎって、胃が痛くなったものです。

しかし、いざ思い切って電話を出てみれば案外平気なものでした。
というのも、電話に出てからしばらくは、「こんばんは。今日は寒かったね」「一人暮らし?今大学生なの?」などといった世間話から始まり、想像していたよりも「普通の会話」だったからです。

ですからこちらも、「実は人見知りな性格で、今とても緊張しています」「なんてお呼びしたらいいですか?」などと聞くことができ、次第に緊張がほぐれていきました。
このように、始めから自分が緊張をしているということを男性側に提示してしまった方が気が楽になるかもしれません。

男性によっては、初々しくまだ素人っぽさが残っているほうがかえっていい、という方もいると思います。
チャットレディサイトでも、登録して間もない新人には、男性側のサイトに新人マークのようなものが付き、ピックアップされる所も少なくありません。

そして、その新人をあえて狙う男性もいるのです。新人には、新人割引のようなものがあるだけでなく、まだよくわかっていない初々しさがあり自分で色々教えられる、というような面でも歓迎されることが多い気がします。

登録して間もなく、まだ会話にも慣れておらず、緊張してしまう、というのは逆手にとれば武器にもなると思います。
「よくわからないので、色々教えて下さい。」などと言うと、色々教えてくれる男性も多いです。

相手と話があわなかったら…?

はじめは緊張するのも当然ですし、中にはどうしても気が合わなく、話が続かないという男性もいるかもしれません。
しかしそれは仕方のないことだと思います。
人間ですからどうしても合う、合わない、はありますし、合わなかったとしてもそれは誰のせいでもありません。

私自身、色々な男性と試行錯誤を繰り返しながらお話ししていくうちに、自分にあったトークの仕方や、男性の傾向性などが少しずつ見えてきたのを覚えています。

私の場合、男性と話すときには普段の自分とは違った自分に成り切ることで緊張が抑えられるタイプでした。
そして男性によって、一人一人成り切るキャラクターも変えていくのです。

そうすることによって、“いくら会話が続かなかったとしても、それは本当の自分ではなくて、作ったキャラクターの自分だから大丈夫”と思うことができ、“なんなら大胆に行こう!”と割り切ることができました。

電話に出た瞬間からは、もう普段の自分ではありません。
作ったキャラクターの自分です。
設定などを記憶するのは少し面倒ではありますが、仕事は仕事、と割り切れる面ではおすすめです。

一番大切なことはやっぱりコレ!

そして何より大切なのは、こちら側も会話を楽しむことだと思います。
こちらも楽しめば楽しむほど、男性も会話を楽しんでくれます。

ふとした発言も聞き逃さずリアクションをする、こちらからどんどん男性に質問をする、など、“私は貴方にとても興味があります”ということを態度や声などで伝えていきましょう。

例え緊張していたとしても、それは必ず男性に伝わると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする