チャットレディで、営業メールはどんな内容がいいですか?

在宅型チャットレディを始めると、まずはメールのやり取りから男性に自分を知ってもらう、というパターンが多いかもしれません。
サイトに行くと、ずらりとたくさんの男性のプロフィールが並んでおり、大抵そこからチャットレディは自由にメッセージを送ることができます。

男性から返信があって始めてポイント(お金)になるため、一日に何十通も送るチャットレディも多いでしょう。
ですので、男性側にも当然たくさんのメールが届いているということになります。

こんなメールは禁止。男性もわかっています!

男性側も、明らか営業メールだとわかるような内容だったり、コピーアンドペーストをしたような文章、短文、ありきたりする内容であったら当然返信をしないでしょう。

まず、男性のプロフィールを見て、男性の求めている女性やタイプをなんとなく把握します。
男性の中には、プロフィールにあらかじめ「○○系の女の子と出会いたい!」などと書いている人もおり、それを見て自分に当てはまるな、と思ったらこちらから積極的にメールを送ってみましょう。

コピーアンドペーストをしたような文章は絶対に避けるべきです。
男性側は多くのメールが来ているので、すぐに見抜くことができます。
いくらタイプの女の子からメールが来たとしても、コピーアンドペーストしたような文章であったり、いかにも営業的なメールであったらかえって印象が悪くなります。

メッセージを送るコツとは…

男性の名前を入れるのはもちろん、男性のプロフィールをしっかり読み込み、その内容を取り入れたうえでメッセージをおくり送りましょう。

数を打てば当たるという発想より、面倒かもしれませんが、一人一人狙いを定めて心をこめてメッセージを送った方がいいと私は思います。

いざ男性から返信が届いたら、すぐに返信をしましょう。
男性はポイント等の関係ですぐに返信したくてもできない状況に陥ることもあるため、返信がなかなかこないとしてもせめてこちらは即レスがいいと思います。

男性から質問を投げかけられたとしたら、質問に答えると同時にこちらも男性に質問すると会話が続く確率が高くなります。
文体は、自分らしいものでいいと思いますが、やはり女性らしさの出ている文体や適度な顔文字や絵文字は受けがよかった気がします。

とにかく男性が急いでいるような状況では、顔文字云々よりスピード重視でレスするとどんどん会話が続きます。
盛り上がってくると、男性から通話リクエストが届き、そのまま通話に発展することもありますので、やはり日頃のメールも大切ですね。

また、長文のメールを好む男性にはこちらも長文で返すと喜んでくれました。
表現の仕方や言い回しを綺麗にし、知的な雰囲気を醸し出したほうがいい場合もありますし、ちょっと幼い雰囲気のほうがかえって親しみをもってもらえる場合もあります。

男性が短文系ならこちらも短文系に。
長文系ならこちらも長文系に。
というように、男性のメールの文体にこちらも合わせるのが一番簡単な方法だと思います。

ライブチャットではこうしましょう!

通話やWEBカメラでのライブチャットの最中、男性のポイント切れなどで突然男性が落ちて(退室)しまうことがあります。

この場合、男性側はメールがしたくてもできない状態が多いですので、こちらからメッセージを入れておくといいでしょう。
そうすることによって、男性が返信できるようになった時、またやりとりが出来るキッカケにもなります。

男性が突然落ちてしまった場合でなく、通話の後やライブチャットの後は必ずお礼のメッセージを入れておくと次に繋がりやすくなると思います。
男性から返信の有無に関係なく通話の後はお礼のメッセージを毎回入れていたことによって覚えてくれていた男性もおり、最終的にはリピートしてくれた方もいらっしゃいました。

お礼のメッセージは、単に感謝の言葉を書くだけでなく、「○○さんと話していたら何だか本当にキュンキュンしてきちゃいました」など、相手の名前を入れ、かつ自分の感想のようなものを交えると印象に残りやすいでしょう。

もし自分が逆であったら、「嬉しいなぁ」と思うメッセージを送ることが、何より大切だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする